レーシックで失敗しない

レーシックで失敗しないために知っておきましょ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
レーシックの基礎
人が遠くの景色を見ている時、遠くからの光は、角膜、虹彩、水晶体、硝子体の順に通過し、網膜で像を結びます。
角膜と水晶体により、光は曲げられ、正常な眼であれば網膜上で一点に結ばれますが、近視、遠視、乱視がある人は手前か後方に焦点がずれてしまいます。
この眼の異常な状態を屈折異常といい、この度合いはディオプターという単位で表され、Dと略記します。
近視の場合、度合いを示す数値の前にマイナスをつけ、遠視の場合はプラスをつけるのです。
メガネやコンタクトレンズを使用し、屈折異常を矯正するか、目に屈折治療を施し、光の屈折を調整して、網膜上にピントを移動させます。
近年、この屈折治療の本流になってきているのが、レーザーによる治療です。
一般的なレーザー治療は、PRKとレーシックと呼ばれるものです。
先進国で一般的に行なわれている屈折治療であるPRKやレーシックが、メガネやコンタクトレンズによる矯正が主な日本でも、近年注目を集めるようになって来ました。
PRKやレーシックなどの屈折治療は、目の中で、光を屈折させる率が最も高い角膜の形を変えることにより、視力を矯正します。
PRKとは、エキシマレーザーを面に照射して角膜の中心の形を変え、光の屈折度合いを調整する方法です。
レーシックとは、マイクロケラトームという器具を使用し、薄く角膜をはがしてフラップを作成します。その後、角膜中央にエキシマレーザーを照射し、屈折を調整し、フラップを元に戻すという治療法です。
マキシマレーザーとは、非常につよういエネルギーを持つ光の束のことで、進行方向と波長が一定で強いエネルギーを持っているのが特徴です。医療分野で幅広く用いられています。
レーシックとPRKの違いは?
PRKとレーシック、その違いはどこにあるのか見てみましょう。
PRKやレーシックに利用されるレーザーはエキシマレーザーとよばれ、ハロゲンと希ガスの化合物を利用します。エキシマレーザーは1980年代から眼科の治療に使用されています。
エキシマレーザーはレーザー特有の衝撃波や高熱による組織破壊が比較的少ないため、PRKやレーシックの際に、角膜の前面照射用として使われており、その特性からコールドレーザーとも言われています。
角膜をキレイに加工することができるためエキシマレーザーは眼科治療に使用されます。
半導体レーザーを使用する方法もありますが、通常、PRKは角膜に高出力のエキシマレーザーを直接照射し、角膜中央の組織を気化蒸散(タンパクの分子結合を分解)させ、角膜の形状を変えて行う屈折矯正です。
FDAに認可されたエキシマレーザー装置を使用し、正しく行われれば、PRKは危険の少ない治療法であります。
ただ、角膜上皮が通常よりも厚く生成し、矯正が低くなるケースがあります。
上皮が厚く再生し低矯正になってしまった場合には、PTKとPRK、またはレーシックいずれかの方法で、再矯正を行えますので、リスクはほとんどありません。
マイクロケラトームという器械で、角膜を薄くめくり、めくられた角膜の組織にレーザーを照射して屈折矯正を行うのがレーシックです。
従来、レーシックは強度近視の矯正に適するとされていました。
しかし、レーシックはPRKと比較すると、角膜混濁の発生がほとんどありません。また、レーシックは治療後の視力が安定しやすいことなど有利な点が多いため、注目を集めるようになりました。
現在では、比較t的軽度の近視矯正にもレーシックが実施され、屈折治療と言えば、レーシックと言われるようになったのです。
レーシックが主流になったわけ
眼科のレーザー治療は今後どのようになっていくいくのでしょうか。
エキシマレーザーを用いた近視治療として脚光をあびたPRKは、欧米では徐々にレーシックにその座を奪われてきています。
理由としては、PRKはレーシックと異なり、レーザー治療後に痛みがしばらく続くことや、ボーマン膜がなくなるなど、複数の欠点が指摘されているということもあります。
しかし、レーシックがPRKにとってかわった最大の理由はPRKは強度近視の矯正後に発生する角膜混濁を避けることができないということです。
どんなに優れたレーザー装置を用いても、レーシックと異なり、数パーセントの患者さんには一時的な混濁が現われてしまうのです。
仮に混濁があわられたとしても、ほとんどの症例が半年ほどで回復しています。ただ、矯正効果が下がるため、近視が残ってしまうのです。
残念ながらPRKではレーシックと違い、こうした点が克服できていません。
こうしたことから、近視治療もPRKからレーシックが主流となってきています。
本来、レーシックは、強度の強い近視用として使われてきましたが、現在は軽い近視から強い近視までレーシックで対応することが可能になっています。
そのため、近いうちに、目のレーザ治療はほとんどレーシックになると思われます。
レーシックにより、コンタクトレンズなどの愛用者がわずらわしさから解放されるために、気軽にレーザー治療を受けられるようなところまで技術は進んできています。
レーシックのことをよく知って、しっかりとしたクリニックで治療を受ければ、問題なくコンタクトレンズや眼鏡から開放されますね。
レーシックの手順
クリニックによってレーシックにはさまざまな方法がありますが、広く行われているレーシックの方法は以下のようになっています。
1.レーシック専用のベッドに横になり、治療中に頭部が動かないように固定します。
2.レーシックを受ける眼の周りを念入りに消毒します。
3.レーシックの施術を受ける眼に局所麻酔を点眼します。
4.レーシックで使用するマイクロケラトームの妨げにならないように開瞼器を装着し、開放した状態で瞼を固定します。
5.瞳孔の中心とフラップ作成の後の場所を確認するためにマーキングをします。
6.フラップを作成するIブレードの動作とヒンジと呼ばれるフラップ接合部を確認した後、レーシック用のマイクロケラトームを眼に固定します。その後吸引が開始され、吸引圧力がチェックされた後、足元のスイッチを入れます。すると、レーシック用マイクロケラトームに組み込まれたステンレス製のブレードが高速で進んで行き、フラップを追います。最後にブレードはヒンジだけを残してストップし、最初のポジションまで後退します。
7.フラップをめくります。フラップの裏面が乾いて痛まないように工夫し、フラップを固定します。角膜実質面の水分を除き、患者さんの眼の光輪がずれていないかを確認します。このときからレーシック終了までは、眼の前にすりガラスを置いたようになり、しばらくは何も見えなくなります。
8.レーザー照射音を聞かされ、レーシックのレーザー音に慣れておきます。何秒照射するかなどの説明を受け、テスト音を聞きます。その後、眼が動かないようにレーシック用の器具で固定され、レーザーが照射されます。照射時間は矯正の度数によって異なります。
9.フラップをマーキングに従って戻し、レーシック用の特殊な器具で洗浄します。この洗浄が不十分だと金属粉などの異物が角膜内に残ってしまうため、レーシック用の顕微鏡などを使用し入念に洗浄します。表面の水分をレーシック用のスポンジで吸収させてから乾燥させ、フラップを装着します。
10.フラップの接着を確認し、レーシック用の抗炎症剤、感染防止用の目薬をさしてレーシック終了です。この時点ですでにある程度視力が回復していることもあります。
レーシック後は眼を閉じて1〜2時間程度安静にします。その後、診察を受けてフラップの状態を再確認し問題が無ければ、保護用メガネをして、帰宅できます。レーシックの治療後の眼の状態をモニターで確認することも可能で、見てみると、フラップ痕とその影を見て取ることができます。
レーシック後の検診
レーシック治療の翌日に検診があります。すでにフラップ作成の痕はなくなっています。また、一時的な遠視になっていて遠くが見えやすく近くが見えにくい上体ですが、視力も回復しています。
2回目の検診となるレーシック後1週間目の検診では、レーシック前に、軽度、中度の近視だった人は、概ね予定の視力になっていることが多く、近くを見ても無理があることは無いようです。眼に触れてもほとんど痛まなくなっています。
まれに、夜、光の周辺がぼんやりと見えるハロが現れたり、コントラストが低下したりすることがあるようですが、これは、角膜中央部にレーシックのレーザーが照射されたために起こるもので、3ヶ月以上経過すると徐々に収まってきます。
レーシック後の1ケ月検診では、個人差もありますが、ほとんどの患者さんが目標視力に達しています。レーシックの矯正効果が不足して再治療が必要かどうかは3〜6ケ月検診でほぼ判断できるようです。
レーシック治療後に近視が残ってしまい、再治療を行なうこともあるようですが、その割合は3〜4%程度になっています。しかし、これは歴史の中でのデータであり、直近の数値で言えば、レーシックの再治療の割合は1%以下になっているという報告があります。
3ヵ月後のレーシック検診では、夜間の視力の低下を感じる人も少なくなり、視力はかなり安定します。夜間視力の低下の自覚がある方もいるようですが、大体の方はあまり問題の無い程度に落ち着くようです。
このあと6ヶ月検診があります。近視気味だった人が改善しているというケースもありますが、3ヶ月検診と6ヶ月検診ではデータはほとんど変わらないことのほうが多いようです。
レーシックの治療を受けて、再び元の視力に戻ることはあるのでしょうか?PCの前などに座って長時間モニタを見るような仕事の場合は、再度視力が低下してくることがあります。そういうおそれのある場合は、軽い遠視用のめがねを掛けて仕事をしたほうがよいと言えます。
遠視用のメガネといってもほとんどガラス板のようなものです。対して視力を矯正するものではありません。もちろんこうしためがねを使用しなくても近くも遠くも見ることができます。
一方、レーシック治療後、遠視が発生した場合には再矯正が必要になることがあります。ただし、年齢が進むと水晶体がやや薄くなり、屈折力が弱くなるので、レーシック治療を受けていない人でも若干遠視気味になります。
そういう意味では、年をとってからレーシックを受ける方は、あまりいい視力にし過ぎなくてもいいのかもしれません。
また、老眼が気になりだす年齢の方のレーシックでは、レーシックの照射度数を軽くしてインプットします。遠くは見えにくいが近くを楽に見ることができるというレーシックを施すわけです。こうした調整は初診の際にしっかりと打ち合わせしておくことが大切です。
レーシックの満足度
近視のレーザー治療であるレーシックなどで視力矯正をした患者さんは、レーシック後の視力にどれくらい満足できるのでしょうか。
クリニックにもよりますが、ちゃんとしたクリニックであれば、レーシック前のカウンセリングと診察の際、資料などを用いてレーシック後の平均度数、平均視力や再治療の割合などのと、レーシックの問題点や、合併症、副作用などについてもしっかりと説明をしてくれるようです。
レーシックなどのレーザー治療には、視力が思うように出ないことがあります。レーザー治療の前に、しっかりと説明を受けて、充分に納得してレーシックに臨まないと、治療後に後悔することになりかねません。
レーシックを受けたからといって、必ずしも1.0になるわけではありません。自分がどの程度の度数であるのか理解し、治療後はどれくらいになるかを、クリニックとよく相談する必要があります。
PRK、レーシックともに角膜中央部にレーザーを照射します。レーシックは翌日から視力の回復が見込まれますが、PRKは時間がかかります。
強度近視などの状況になる方は、とにかく裸眼で生活できれば満足だと思うようです。ただし、レーシックで3ヶ月以上たっても見えないようであれば、再治療を検討する必要があります。
レーシックは治療後の回復も早く、度数の強くない近視では6ヶ月以上経過すると視力はほとんど変化しないからです。
PRKはレーシックと異なり、角膜上皮が再生するのに3〜4日程度かかります。徐々に見えてくるようになるのです。ただし、稀ではありますが1ヵ月後からやや混濁が出ることもあります。また、夜間、光がぼやけるハロが出ることもありますが、これらは特に心配はありません。通常は3ヶ月を経過したくらいから軽減してきます。
レーシック、PRKいずれの治療方法でも術後に遠視になる可能性があります。ただ、若干の遠視の場合、遠くが良く見えるというので、患者さんとしては問題はないようです。しかし、高齢の方や近くを見る事務系の仕事をしている方などは眼の疲れを感じることがあります。その場合は再治療を検討することになります。
レーシックを受けた患者さんの、アンケートによると、「満足した」「とても満足した」という患者さんは95%以上で、「満足していない」という方は0.5%にも満ちません。レーシックに「満足していない」という場合は、治療前の過矯正気味のハードコンタクトレンズを装用していた方がほとんどのようです。強度近視をハードコンタクトで強く矯正し、非常によく見える状態で生活している場合は、レーシック後の見え方に物足りなさを感じる場合があるのでしょう。
PRK、レーシックともパーフェクトの治療法ではありません。もし、レーシックなどの治療を受けてみようと思う方は、屈折治療の副作用や問題点などをよく理解することが大切なのです。
また、レーシック前の検診の際にレーシックが眼にあっているかどうか理解する必要があります。自分自身でしっかりとレーシックを理解し、レーシックを受ければ、レーシック後の視力にきっと満足できるはずです。